年末・年始・ア・ゴーゴー2007~2008(4) ■帰省記(2)

【2008年1月2日(水)①】

c0156025_1203989.jpgc0156025_1205653.jpg 一夜明けて、外は雪景色。









c0156025_1213532.jpg さて、実家の雑煮といえば、鰹だしの醤油仕立てのつゆに丸餅と岩海苔を入れただけのシンプルな雑煮。
 ボクはこのスタイルの雑煮を18歳まで食べて育った。
 ところで、西国の餅は丸いのだ。
 関ヶ原がその境界線という。

 この雑煮を食べるのも31年ぶりだな。
 そして、この岩海苔は、島根県出雲市十六島(うっぷるい)湾近辺でしか採れない海苔で、箸を使ってお椀の中で解きほぐすと、糸のように細長く拡がっていくのである。
 その色は、紫色を帯びた漆黒の光沢を放っている。

c0156025_12204193.jpg さて、この日は、父親の喜寿(77歳)の祝いに当人からリクエストがあったシェーバーと鼻毛切りを買いに、市内の電気屋まで行くことにしたのだった。
 希望の品は、チラシの中に、ボクの予算どおりの価格で「福袋」として売り出されていたのさ。
 すばらしく、かつ、喜ばしいことであるよ。

 台数限定だ。
 急がねば。
 店に取り置きを頼んで、親子で買いに出かけたんだ。
 玄関先から、電気店まで行き、買い物を済ませたあと、歩きで実家まで帰るのその道中を、写真でテッテー的にアーカイヴだ。

c0156025_12261148.jpgc0156025_12262774.jpgc0156025_1226394.jpg









c0156025_1227242.jpgc0156025_12281026.jpgc0156025_1229818.jpg









c0156025_12293164.jpgc0156025_12294815.jpgc0156025_12353190.jpg









c0156025_12354829.jpgc0156025_1236359.jpgc0156025_123616100.jpg









c0156025_1240556.jpgc0156025_124172.jpgc0156025_12411750.jpg









c0156025_12422243.jpgc0156025_12423128.jpgc0156025_12423949.jpg









c0156025_1247416.jpgc0156025_12471427.jpgc0156025_12472554.jpg









c0156025_1248141.jpgc0156025_12485377.jpgc0156025_1252487.jpg
[PR]
by misaochan330 | 2008-01-12 12:01 | その他


<< 年末・年始・ア・ゴーゴー200... 年末・年始・ア・ゴーゴー200... >>